有限会社 阿部製作所 | 関連企業

AZEST株式会社は精密機械部品組立業務を主とし、一部の加工機能・調達機能を持ち合わせた会社です。
関連企業

AZEST株式会社は工作機械の周辺装置及び治工具関係を中心とした精密機械部品組立業務を主とし、一部の加工機能・調達機能を持ち合わせた会社です。
旋盤、マシニングセンター、研磨、板金、樹脂製品及び表面処理等、
あらゆる分野にて協力会社との連携により部品レベルでの完成品にて納められる体制を整えております。
ASSY依頼品につきましても購入品の部材調達を行い、組付後の品質保証までの対応が可能な体制を整えております。
少数精鋭の人員構成により、お客様にQCD全てにおいて満足頂ける製品をご提供致します。

2014年8月 代表取締役 川井 広彰

名称 AZEST株式会社
工場 〒350-1313 埼玉県狭山市上赤坂635-1
電話 04-2941-5930
FAX 04-2941-5936
設立 平成26年 8月
資本金 300万円
事業内容 精密機器部品組立及び加工
取引銀行 川口信用金庫 ふじみ野支店
代表取締役 川井 広彰
従業員数 5名
決算月 7月
E-MAIL kawai-h@azest-s.jp

昭和48年 11月 阿部武永にて有限会社阿部製作所を埼玉県上尾市・工場を東京都田無市に設立。
石川島藩磨田無工場の航空部品の製作を開始
昭和51年 4月 多摩精密株式会社の腕時計金型部品の製作を開始
昭和61年 5月 シチズンメカトロニクス株式会社(現シチズンマシナリー株式会社)の工作機械(CINCOM)部品の製作を開始
平成3年 12月 設備の増設に伴い、本社と工場を統合し、埼玉県入間郡三芳町に移転
平成19年 9月 阿部浩司が代表取締役に就任
平成22年 8月 CINCOMの回転工具組立事業を開始
平成26年 8月 組立機能及び調達機能と加工機能を切り分け分社化を実施。
AZEST株式会社を設立 代表取締役に川井広彰が就任

工作機械(CINCOM)のツーリング製品(回転工具及び駆動装置・ロータリガイドブッシュ)の組立を行っており、
回転工具については修理までを取り扱っております。
熟練した匠の技術を駆使し、現合調整による高精度品の組立を行っております。

加工部品につきましては前身である(有)阿部製作所、その他の協力会社との連携により鉄のみならず、
非鉄金属の加工・板金・表面処理・熱処理まで一貫した工程を確立。

品質保証につきましても、三次元測定機(Mitutoyo)をメインとし、その他の測定機器を用いて検査を行います。
納入時には『製品チェックシート』をロット別に発行し、納入時に添付致します。
又、弊社にて検査履歴を保管する事によりトレーサビリティーの取れる体制を構築しております。

回転工具

駆動装置

ロータリーガイドブッシュ

主要設備一覧

HASEGAWA V2 縦型MC 1台
NICCO F-515 平面研削盤 1台
シャブリン 汎用機 旋盤 1台
吉良 汎用機 ボール盤 1台
Mitutoyo Crysta M544 三次元測定機 1台
シチズン CINCOM E32K-Ⅰ型 自動旋盤 1台
オークマ GENOS L250Ⅱ CNC旋盤 1台
アマダ  H250-SA 切断機 1台